高い断熱性能が魅力

サッシの断熱性能

住宅は、窓からの熱損失がもっとも大きいため、躯体だけではなく、窓の断熱性能を高めることが、大変重要になります。一般の住宅の窓は、これまでそのほとんどが、単板ガラスとアルミサッシによって構成されていました。しかし近年では、そのように、窓の断熱性能を確保する必要性が指摘されるようになってきたことから、断熱性能の高いサッシが普及してきています。そして、そうした断熱性能の高いサッシには、樹脂サッシ、木製サッシ、複合サッシなど、さまざまな種類がでまわるようになり、価格の方も、当初にくらべるとずいぶんと手頃になりつつあります。またガラスの方も、2枚のガラスの間に中空層を設けた複層ガラスなどが、新築住宅の場合には、ほとんど当たり前になるほどに、普及してきました。

多様化が進む

断熱性能の高いサッシやガラスのバリエーションは、ますます増えつつあります。素材そのものの熱伝導率が低い樹脂や木製のほかにも、樹脂と木材を組み合せたものや、木を芯にしてアルミをかぶせたもの、アルミと樹脂を組み合せたものなど、多様性が増しています。またガラスの方では、すでに定着してきた感がある複層ガラスのほかにも、中空層に空気よりも熱伝導率の低いアルゴンガスなどを封入して性能を高めた複層ガラスや、特殊金属膜を貼って、熱を反射させる効果を高めた遮熱低放射複層ガラスなども、かなり普及してきました。さらには、中空層を真空にすることで、熱の伝導と対流の両方を防ぐ真空ガラスも現れ、選択の幅がひろがっています。今後ますます、高断熱を目指した、多様な製品が現れることが予想されます。