適切な対策を行なう

最近は窓にペアガラスが使用されることも多くなり、手軽な断熱リフォームとしても人気があります。しかし、一般的なペアガラスは、夏はガラスを透過した直射日光が室内の床や窓台などを熱して、真夏に床や窓が暖房された状態になってしまうのです。ですから、冷房をを切ったとたんに、部屋中の温度が上昇してしまいます。窓のガラスが夏の直射日光を遮熱する働きをしてくれなければ、心地よい夏のひんやり感は手に入らないのです。普通のガラスというのは2枚重ねただけでは、冬の結露は防止できますが、夏にはほとんど意味がありません。単板ガラスの熱貫流率が6.0に対し、ただのペアガラスは3.4、高断熱複層ガラス及び遮熱複層ガラスは2.6です。

断熱性を高めて、一年中快適な空間を作りだすのであれば、高性能な遮熱複層ガラスにさらに遮熱効果の高い特殊金属を重ねて施工する二重高遮熱ぐらいまで性能をあげることができれば、真夏の直射日光を遮ることができます。室内側に特殊金属が入っているものが、高断熱複層ガラス、室外側に特殊金属が入っているものが遮熱複層ガラスです。そして、そのガラス間の空気層の部分に非常に保湿効果の高いアルゴンガスを充填したものであれば、ペアガラスが夏の心地よさを、アルゴンガスが冬の心地よさを実現してくれます。また、夏のひさしも非常に効果は高いですが、その効果はデザインや間取りに大きく影響されますし、掃出し窓の場合は、あまり効果がなく、ひさしを施工すればガラスの性能を落としていいということにはならないということを念頭に置いておくことが必要です。