大きな影響を与える

住宅において大切な要素のひとつに、断熱性があります。その理由としては、まず外気の影響が大きいと冷暖房の効率が落ちることにより光熱費が高くなることが挙げられます。さらには窓の結露が原因となってカビの発生も起こることになるわけです。その断熱性を大きく左右するのか窓です。薄いガラスによるサッシを使用していたり、あるいは建て付けが良く無いために隙間風が入るようでは、断熱性は大きく下がることになります。そこで工事を行うことを検討するわけですが、ここでひとつ注意点があります。マンションなどの集合住宅では、たとえ分譲によって保有している部屋であっても、窓のガラスはオーナーとして勝手に変えることはできないということです。

そのようなマンションでも、手軽に窓の断熱性を高めることは可能です。一番手軽な方法は、ガラスに断熱フィルムを貼ることです。そしてカーテンを厚めのものに替えるだけでも、かなり効果があります。それでもまだ結露が気になったり、あるいは冷暖房が効きにくいということであれば、内窓を取り付ける方法もあります。これは専有面積内におけるリフォームと見なされることで可能となるものですが、二重サッシと同じ効果を生むものとなります。また、一戸建てであれば手軽に行えるのが、ペアガラスに交換することです。この2枚のガラスの間の空気層のおかけで、外気と室内とを分けてくれるものです。このように少ない予算でも簡単に断熱性を高める方法が幾つもあるわけです。